Tickets purchase
VideoPass purchase

第8戦ドイツGP:Moto3™クラスプレビュー

第8戦ドイツGP:Moto3™クラスプレビュー

サマーブレーク直前となる前半戦最後のシーズン8戦目。7戦中6戦でスペイン勢が表彰台を独占して、サロン、ビニャーレス、リンスがタイトル争いを展開する中、ランク4位のフォルガーが地元で今季2度目となる表彰台の一角を狙う。

第8戦ドイツGPは、ザクセンリンクで12日に開幕、14日に決勝レースを迎え、3連勝でポイントリーダーを堅守したルイス・サロンが、ランク2位のマーベリック・ビニャーレス、ランク3位のアレックス・リンスらの挑戦を受ける。

第5戦イタリアGPから頭脳的な走りで3戦連続して逆転優勝を飾ったサロンは、昨年の決勝レースで、直前の豪雨により、ハードウェットから路面が乾いて行った中で3位を獲得。ランク2位に10ポイント差のアドバンテージを持って、前半戦のラストレースに乗り込む。

第3戦スペインGPで今季初優勝を飾り、ポイントリーダーに躍り出たビニャーレスは、前戦TTアッセンで開幕から7戦連続して表彰台を連取したが、第6戦カタルーニャGPでランク2位に後退して、ギャップが10ポイント差に拡大。昨年こそ17位だったが、初挑戦した2年前には、ポールポジションから優勝争いからコンマ2秒差の3位に進出したトラックで、ギャップを詰めに行く。

前戦で今季6度目の表彰台を獲得したリンスは、35ポイント差。初挑戦した昨年は、27番グリッドから20位と厳しいレースを経験していた。

右手首の亀裂骨折から復帰したランク4位のジョナス・フォルガーは、第4戦フランスGPから表彰台争いができずに、ギャップが79ポイント差に拡大。ホームレースで、今季2度目の表彰台にトライする。

第4戦フランスGPからトップグループを追走して、4戦連続5度目のトップ5を達成したランク5位のアレックス・マルケスは、初挑戦する当地で初の表彰台、5戦連続のトップ5入りを狙う。

KTM勢に接近してきたマヒンドラ・レーシングのミゲール・オリベイラとエフレン・バスケスは、3戦連続して、トップグループ内で表彰台争いを展開。今週末は、2週間前のスペイン選手権第3戦アルバセテ大会からマヒンドラに乗り換えて、好走を見せた地元出身のリカ・アマトがワイルドカードとして加わる。

前半戦最後のグランプリを迎える12人の新人勢。ルーキー部門で圧倒的な強さを見せるマルケスを筆頭に、ジョン・マックフィー、エリック・グラナド、リビオ・ロイ、フィリップ・エッテルの5人がポイントを獲得すれば、渡辺陽向らは、飛躍の後半戦を前にトップ20、トップ15入りを目指す。

Tags:
Moto3, 2013, eni MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND

Other updates you may be interested in ›