Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシが最高峰クラスで最長勝利を樹立

最高峰クラスで史上最多の優勝数を記録するロッシが、2010年10月の第15戦マレーシアGP以来となる優勝を飾り、初優勝を挙げた2000年7月の第9戦イギリスGPから12年と355日後の快挙で、最長優勝の記録を更新した。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのバレンティーノ・ロッシは、キャリア通算283戦目となった第7戦TTアッセンで通算106勝目、最高峰クラスで80勝目に到達。数々の記録を樹立した。

34歳のイタリア人ライダーが最高峰クラスで初優勝を飾ったのは、ドニントンパークで開催された2000年7月の第9戦イギリスGP。ケニー・ロバーツ・ジュニア、ジェリミー・マクウィリアムに僅少さで競り勝ち、当時の最年少優勝ランクで5番目、現在の8番目となる21歳と144日で500ccクラスの初優勝を挙げた。

2010年10月の第15戦マレーシアGP以来となった第7戦TTアッセンでの優勝は、通算80勝目。34歳と133日での優勝となり、初優勝から12年と355日後の快挙となり、アレックス・バロスが2005年4月の第2戦ポルトガルGPで樹立した11年と204日の最長優勝を更新。

キャリア初優勝を挙げた1996年8月の第11戦チェコGP125ccクラスからは、16歳と345日。ロリス・カピロッシの17歳の49日に次ぎ、オールクラスの2番手となる最長優勝となった。

さらに、デビュー戦となった1996年3月の開幕戦マレーシアGPで6位に進出してから、キャリア通算で4646ポイントに到達した。

最高峰クラスの最長優勝ランキング
1. V.ロッシ: 12歳と355日
2. A.バロス: 11歳と204日
3. P.リード: 11歳と16日
4. G.アゴスチーニ: 11歳と7日
5. L.カピロッシ: 10歳と338日

オールクラスの最長優勝ランキング
1. L.カピロッシ: 17歳と49日
2. V.ロッシ: 16歳と315日
3. A.ニエト: 16歳と8日
4. P.リード: 14歳と71日
5. L.レジアーニ: 13歳と12日

Tags:
MotoGP, 2013, Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing

Other updates you may be interested in ›