Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:J.トーレスが28戦目で初の1番時計を記録

初日総合4番手のトーレスが、2年前に走行経験があるザクセンリンクでキャリア初の1番時計を記録。エスパルガロ、カリオ、ザルコ、シメオンが続き、初日総合1番手のレディングは9番手。初日総合14番手の中上と26番手の高橋は、13番手と24番手だった。

第8戦ドイツGPのフリー走行3は13日、ザクセンリンクで行われ、初日総合12番手のジョルディ・トーレスがトップタイムをマーク。3度のフリー走行総合1番手に進出した。

気温17度。路面温度25度のドライコンディションの中、2年前に走行経験があるトラックで戻って来たトーレスは、1分25秒台を5回、1分24秒台を最多の5回記録。1分24秒634の1番時計を刻み、キャリア28戦目で初めてセッションを制した。

フリー走行1を制した初日総合3番手のポル・エスパルガロは、1分25秒台を11回、1分24秒台を2回記録して、0.049秒差の2番手。

初日総合5番手のミカ・カリオは、1分25秒台を12回記録して、0.473秒差の3番手。

初日総合4番手のヨハン・ザルコ、2度のコースインで最多の27ラップを周回。1分25秒台を最多の17回記録して、0.473秒差の4番手を維持。ジャビエル・シメオン、アレックス・デ・アンジェリス、フリアン・シモン、マンセル・シュレッターが続いた。

フリー走行2を制した初日総合1番手のスコット・レディングは、1分25秒台を5回記録して、0.694秒差の9番手。初日総合13番手のニコラス・テロールがトップ10入り。

初日総合14番手の中上貴晶は、1分25秒台を5回記録して、0.916秒差の13番手。

初日総合26番手の高橋裕紀は、1分26秒台を9回記録して、1.666秒差の24番手。

初日総合11番手のエステベ・ラバットは、5ラップ目の11コーナーで今季5度目の転倒を喫した際に左足首を強打して、靭帯を負傷した。

Tags:
Moto2, 2013, FP3

Other updates you may be interested in ›