初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシが2戦連続3度目の表彰台を獲得

V.ロッシが2戦連続3度目の表彰台を獲得

優勝争いができなかったことを悔やんだロッシだったが、2戦連続3度目の表彰台を獲得して、負傷欠場したペドロサとロレンソに接近。2連戦の2戦目となるラグナセカで上位陣とのギャップを詰めに行くことを誓った。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのバレンティーノ・ロッシは、第8戦ドイツGPの決勝レースで、3番グリッドから3位に進出。2戦連続3度目の表彰台を獲得して、ポイントリーダーから37ポイント差のランク5位に位置して、今週末に2008年に優勝を飾った第9戦アメリカGPに挑戦する。

前戦TTアッセンで2010年10月の第15戦マレーシアGP以来の優勝を飾った自信と勢いに乗って、ザクセンリンクに乗り込むと、2日目の公式予選で2010年10月の第17戦ポルトガルGP以来となる1列目を獲得。

3番グリッドからスタートした決勝レースでは、ホールショットを決めて、1ラップ目は2番手で通過。5ラップ目に3番手に後退したが、9ラップ目に2番手に再浮上。1分22秒前半のリズムを維持できなくなり、16ラップ目に3番手に後退。トップから8.061秒差でチェッカーを受けた。

「表彰台、3位が嬉しいけど、もっと速く走れることを期待していた。バイクを調整することができたけど、昨日は速かったから、そのままの状態にした。」

「序盤から思ったように速く走ることができなかった。序盤の10ラップは悪くなかったけど、その後に問題が出てしまい、特に左コーナーでの旋回が難しかった。大きく滑った。もう一歩前進するために、上位陣に進出するために働かないと。」

「ラグナセカに行こう。特別なトラックで、ベストリザルトの獲得にトライしよう。僕たち5人は非常に速い。今僕たちは接近している。怪我をしてしまったダニとホルヘには残念だけど、来週には1戦が控えている。チャンピオンシップを争いたければ、もっと速く走らなければいけない。もっとコンスタントにならなければいけない」と、タイトル争いに向けて気を引き締めた。

Tags:
MotoGP, 2013, eni MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing

Other updates you may be interested in ›