Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:M.マルケスが今季2度目、4年連続のポール・トゥ・フィニッシュでポイントリーダーに再浮上

ポイントリーダーのペドロサ、ランク2位のロレンソが不在の中、ランク3位のマルケスが今季3度目のポールポジションから第2戦アメリカズGP以来となる2勝目、ザクセンリンクで4年連続のポール・トゥ・フィニッシュを決めて、5戦ぶりにポイントリーダーに再浮上。クラッチローが自己最高位タイの2位。ロッシが2戦連続3度目の表彰台を獲得。CRTのエスパルガロが4戦連続の8位。負傷から復帰した青山は17位で完走した。

第8戦ドイツGPの決勝レースは14日、ザクセンリンクで行われ、ポールポジションのマルク・マルケスが安定した走りで今季2度目を挙げ、ポイントリーダーに再浮上した。

気温23度。路面温度42度のドライコンディションの中、ポールポジションのマルケスは、スタートで4番手に後退したが、6ラップ目にトップに躍り出ると、1分22秒前半のリズムを刻んで、第2戦アメリカズGP以来となる今季2勝目。当地では125ccクラスに参戦した2009年から4年連続のポール・トゥ・フィニッシュを決めた。

2番グリッドのカル・クラッチローは、スタートで5番手に後退したが、トップから1.559秒差の2位。第4戦フランスGP以来となる自己最高位タイのリザルトを獲得。

3番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、8.061秒差の3位に入り、2戦連続3度目の表彰台を獲得。

4番グリッドのステファン・ブラドルは、4.372秒差の4位。ホームレースで自己最高位タイのリザルトを獲得すれば、8番グリッドのアルバロ・バウティスタ、7番グリッドのブラドリー・スミス、9番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソが続いた。

5番グリッドのアレックス・エスパルガロは、ドビツィオーソとの7位争いを展開して、4戦連続の8位に進出。ニッキー・ヘイデン、ミケーレ・ピロがトップ10入り。

左手中指と薬指の負傷から復帰した20番グリッドの青山博一は、17位、CRT勢の8位でフィニッシュ。

ポイントスタンディングは、ランク3位のマルケスが第3戦スペインGP以来、5戦ぶりにポイントリーダーに再浮上。欠場したペドロサに2ポイント差、ロレンソに11ポイント差のアドバンテージを広げた。

次戦アメリカGPは、来週末にマツダ・レースウェイ・ラグナセカで開催。19日に開幕、21日に決勝レースが行われる。

Tags:
MotoGP, 2013, RAC

Other updates you may be interested in ›