Tickets purchase
VideoPass purchase

スーパースポーツ世界選手権のレースアクシデントでアントネッリが死去

モスクワ・レースウェイで開催されたスーパースポーツ世界選手権の8戦目で、レースアクシデントにより、25歳のイタリア人ライダー、アンドレア・アントネッリが死亡。第9戦アメリカGPの決勝レース前に、1分間の黙祷が捧げられることになった。

スーパースポーツ世界選手権のシリーズ8戦目となったロシア大会の決勝レースは21日、ロシア連邦の首都モスクワから北西へ約80キロに位置するモスクワ州のヴォロクラムスクに2012年7月の開設されたモスクワ・レースウェイで開催され、イタリアのチーム・ゴーイレブンに所属する25歳のイタリア人ライダー、アンドレア・アントネッリがレースアクシデントにより死亡した。

ランク7位のアントネッリは、4番グリッドからスタートした1ラップ目に、14コーナーと15コーナーの間で転倒を喫した際に他車と激突。レースは直ぐに赤旗が提示され、医療スタッフたちが緊急の蘇生処理法に着手したが、現地時間の14時10分に死亡。

FIM国際モーターサイクリズム連盟、ドルナスポーツ、モスクワ・レースウェイのTMSプロモーションは、その後の全ての日程をキャンセルすることを決定。

チャンピオンシップの全ての関係者は、今回の悲惨な事故により、他界したアントネッリの家族、友人、チーム、そして、イタリア連盟に哀悼の意を表し、マツダ・レースウェイ・ラグナセカが開催される第9戦アメリカGPの決勝レース前に、1分間の黙祷が捧げられることになった。

Tags:
MotoGP, 2013

Other updates you may be interested in ›