初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.マルケス、疾風迅雷のアタックで歴史的な初優勝

M.マルケス、疾風迅雷のアタックで歴史的な初優勝

11年ぶりにチャンピオンシップに復帰したラグナセカでは、誰一人初挑戦で優勝を挙げることができなかったが、2番グリッドのマルケスが、プラクティスを再現する走りとコークスクリューのアタックで歴史的な優勝を飾り、史上最年少の2連勝を達成した。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第9戦アメリカGPの決勝レースで、2番グリッドから、第2戦アメリカズGP、第8戦ドイツGPに続き、2戦連続3勝目を達成。シーズン前半戦をポイントリーダーとして折り返すことになった。

前戦で今季2勝目を挙げて、2連戦の2戦目にポイントリーダーとして乗り込むと、初日に素早いトラック順応で、史上最年少優勝を達成した第2戦アメリカズGP以来となる初日総合1番手に進出。

公式予選2では、今季9度目の転倒により、0.017秒差で2戦連続4度目のポールポジション、当地初挑戦者による初のトップグリッドを逃したが、2日目に最速リズムで周回。

2番手だったウォームアップ走行後、3戦連続6度目の1列目から迎えた決勝レースは、スタートで3番手に後退したが、4ラップ目にポジションを挽回。18ラップ目の最終コーナーでトップに飛び出して、当地初挑戦のライダーとしては、初めての優勝。

同時に、20歳と154日で2連勝を達成して、フレディ・スペンサーが1983年に21歳と104日で樹立した史上最年少の記録を更新した。

「ここに来る前、すごく難しくなると予想していた。ビデオを見て難しそうだったけど、最初のプラクティスから良い感じがあった。次回はバンプを含めて学習しよう。昨日は6コーナーでその1つに乗って転んでしまった。とにかく、今日のレースは良かった。」

「フルタンクのとき、バンプが原因で簡単にフロントを失いそうだったから、少し怖かった。バレンティーノを抜くことができ、ブラドルに追いついた。彼の後ろで12ラップを走った後に、抜いて、アドバンテージを得ることにトライした。僕にとっては新しいサーキットで、そこで25ポイントを稼いだことがすごく、すごく嬉しい。このリザルトでバカンスに入れることは最高だ」と、勝利の笑みを浮かべながら、レースを振り返った。

週末、バカンスを利用してラグナセカを初めて訪れた弟アレックスと共に併催する全米選手権をトラックサイドから観察して、パッシンングポイントを確認すると、フリー走行を利用して、実際にパッシングの練習に取り組んでいた。

Tags:
MotoGP, 2013, RED BULL U.S. GRAND PRIX, Marc Marquez, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›