初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシの弟、マリーニがミサノでワイルドカードデビュー

ロッシの弟、マリーニがミサノでワイルドカードデビュー

9月にミサノで開催される第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPに、ロッシの異父兄弟ルカがワイルドカードとしてデビューすることが決定。来季のフル参戦に向けて、イタリア選手権で初タイトルの獲得を誓った。

バレンティーノ・ロッシの異父兄弟、ルカ・マリーニは、ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンセリで開催される第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPにワイルドカードとしてグランプリに初参戦することが決定。地元で世界を舞台にしたキャリアの第一歩を踏み出す。

1997年8月10日に生まれ、16歳の誕生日を迎えたばかりのマリーニは、イタリア選手権のMoto3クラスにフル参戦。第4戦イモラ大会が終了して、ポイントリーダーから23ポイント差のランク2位に進出。来季のフル参戦を目標に、9月21日と22日にムジェロ・サーキットで開催される最終戦ムジェロ大会の2レースで逆転を狙う。

地元ミサノでのワイルドカード参戦が正式に決定。サプライズだったかい?
今回の参戦は計画していたことだけど、チャンピオンシップでランク2位を維持することが基本だったから、驚きではなかった。もちろん、参戦できることが嬉しい。目標は良い仕事をして、成長して、可能な限り上位に進出すること。日曜の午後にはベストライダーになりたい。

2年目のイタリア選手権で表彰台を6回獲得。初優勝が欲しいところ。
その通り。優勝が必要だけど、ムジェロでのラスト2レースで達成できる自信がある。それに、まだタイトル獲得の可能性がある。23ポイント差は大きなギャップだけど、レースは決してどうなるか分からない。

今回のワイルドカード参戦で世界への扉が開くだろうか?
ミサノで良い走りをすれば、影響することは確か。すごく難しいだろう。今はムジェロのこと、イタリア選手権のことを考えたい。もし、イタリア選手権でチャンピオンになれば、世界に昇格すること、スポンサーが見つかること、グッドなチームが見つかることが簡単になる。しかし、その前にタイトルを獲得しないと。

Moto3クラスに参戦するイタリア人ライダーたちの活躍をどう見る?
フェネティとアントネッリは、大変強いライダーだと思う。彼らのバイクとKTMは大きな違いがあるけど、戦闘力のあるバイクを走らせれば、もっと上手く走れるだろう。僕はアントネッリの友人。単純に毎日会っているけど、どっちらがベストライダーだと言うことは難しい。

ゼッケン97は、兄バレンティーノが初タイトルを獲得とした年と同じだけど。
偶然の一致。父親と一緒に後で気づいた。ゼッケンを選択しなければいけなかったとき、何を選ぶのか分からなかった。最初のレースで97を選んでから、ずっと維持している。

兄との関係は?
バレンティーノとの関係は良い。いつも良かった。今は僕も成長して、ほぼ毎日一緒にジムに通っているから、お互いの関係は良くなったと言えるだろう。

バレンティーノはタイトル争いができるだろうか?
どうだろう。バレンティーノは来年も含めてタイトル争いができるだろう。今年は不運なレースがあったけど、確かな継続性を持ち、幸運があれば、タイトルを獲得できるかもしれない。

もし、バレンティーノが勝てなければ、誰に勝ってほしい?
マルケス。素晴らしいライダーで、兄の友人だから。グレートなことをするポテンシャルがあるように見える。

Tags:
Moto3, 2013, GP APEROL DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI

Other updates you may be interested in ›