初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.クラッチロー、最終コーナーで5位転落も目標を達成

C.クラッチロー、最終コーナーで5位転落も目標を達成

前戦で今季初めてトップ5進出を逃したクラッチローが、4位争いを展開して、シーズンの目標に設定するトップ5に進出。昨年キャリア初表彰台を獲得したブルノ、そして、地元のシルバーストンに向けて、手応えを掴んだ。

モンスター・ヤマハ・テック3のカル・クラッチローは、第10戦インディアナポリスGPの決勝レースで、4番グリッドから5位に進出。最終コーナーの攻防でポジションを落としたが、目標に設定するトップ5に進出したこと喜び、昨年初表彰台を獲得した次戦チェコGPに向けて、弾みとなったことを説明した。

来季の就任先を決断して、昨年7番グリッドから7番手走行中に転倒リタイヤを喫したインディアナポリス・モーター・スピードウェイに乗り込んで来ると、フリー走行1から2番手、5番手、3番手、2番手。

ウォームアップ走行で4番手だった後、2列目から決勝レースを迎えると、アルバロ・バウティスタとの4位争いを展開。終盤にバレンティーノ・ロッシが加わり、3人が並ぶようにシケインに進入。ロッシに抜かれたが、バウティスタを抑え切って、今季8度目となるサテライト勢の最高位でフィニッシュした。

「トップ5以内でフィニッシュできたことが嬉しい。グッドなバトルだった。すごく楽しかった。みんなが全開でプッシュし、アルバロは素晴らしい走りをしていた。バレンティーノに全てのクレジットがある。大きなタイム差を挽回してきた。レース終盤にあのような巻き返しをすることは簡単ではない。」

「最終ラップでトライして来ることは分かっていた。もしかしたら、最終コーナーで。4位を維持するために全てを尽くした。週末はずっと強かった。これは来週からのブルノとシルバーストンに向けて、大きな自信を与えてくれる」と、次戦に期待を膨らませた。

Tags:
MotoGP, 2013, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›