初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

2014年にブラジルの首都ブラジリアでMotoGP™開催

2014年にブラジルの首都ブラジリアでMotoGP™開催

玉田誠が感動の優勝を飾った2004年を最後に、安全面を理由に、ブラジルでのグランプリ開催が見送られてきたが、2014年の復帰に向けて、首都ブラジリアにある通称ネルソン・ピケ・サーキットを全面的に再建設するプロジェクトが立ち上がった。

ドルナスポーツとブラジリア連邦直轄区は20日、ブラジルの首都ブラジリア市内にあるアウトドローモ・インターナショナル・ネルソン・ピケ・デ・ブラジリアで、MotoGP™開催に向けたプロジェクトを発表。サーキットを全面的に再建設して、FIM国際モーターサイクリズム連盟の認可が得られれば、2014年の後半戦に当地で初開催することになった。

ブラジリア連邦直轄区と地元プロモーター、IMXは、第12戦イギリスGPの際に、セーフティ委員会にプロジェクトの概要を提出。ゴーサインが得られれば、今年12月にサーキットの完全再建設に着工。来年4月、5月の完成を目指す。

ブラジリア連邦直轄区知事のアジェロ・ケイロス・ドス・サントス・フィリオと共に出席したドルナスポーツのCEO最高経営責任者カルメロ・エスペレータは、「ブラジルは世界で最も重要なモーターサイクリング市場の1つであり、南アメリカに位置することから、タイムスケジュールは、テレビ放送において大変良いです。」

「ブラジルに戻ることは、MotoGPファミリーの長年の希望であり、我々にとっても大変重要な課題でした。 今日までは、誰もが理解している通り、我々にとって最も重要なテーマである安全面に関して、その実現が不可能でした。」

「我々にとって重要なプロジェクトです。ブラジリア連邦直轄区だけでなく、世界で、もちろん、南アメリカで最も重要なプロモーターであるIMXの関与によって、素晴らしい仕事が約束されます」と、ブラジルでのグランプリ復帰を期待した。

ブラジルでは、1987年にゴイアニア・サーキットで初めてグランプリが開催され、1992年にインテルラゴス・サーキット、1995年にジャカレパグア・サーキットで開催。1996年からは、リオGPとして2004年まで開催されていた。

Tags:
MotoGP, 2013

Other updates you may be interested in ›