初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

米国から欧州へ、ハイテクジャンボで移動

米国から欧州へ、ハイテクジャンボで移動

ハイテクジャンボと称されるボーイング747-400を3機利用して、インディアナポリスからブルノまで、全113台を含むチームと大会運営の全機材を空輸。20日にブルノに到着して、サーキットに搬入された。

ドルナスポーツは、今週末にブルノ・サーキットで開催される第11戦チェコGPに向けて、インディアナポリス国際空港から3機の大型貨物専用機、ボーイング747-400を利用して、ブルノ・トゥラニ空港まで、3クラス全113台のマシンをはじめ、チーム機材、テレビ機材、タイミング計測器、医療機器、セーフティカーなど、全ての機材を空輸。20日にブルノ・サーキットに搬入した。

前戦インディアナポリスGP後、5台の大型トレーラーを利用して、サーキットと空港までの約20キロを往復輸送すると、19日に3機のジャンボジェットが次々に飛び出して、途中燃料補給なしに、翌日ブルノ・トゥラニ空港に到着。

ジャンボジェットから積み下ろされた全ての機材は、11台の大型トレーラーにより、空港からブルノ・サーキットまで約23キロを移動。ドルナスポーツのスタッフたちは、23日からのグランプリに向けて、20日から準備に取り掛かった。

Tags:
MotoGP, 2013, bwin GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›