Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:J.ザルコが連続の1番時計

フリー走行3:J.ザルコが連続の1番時計

初日2度目のプラクティスで初めてドライでの1番時計を記録した初日総合1番手のザルコが、サーキットベストラップを更新。フリー走行総合1番手に進出すれば、レディング、中上、ルティ、ラバットが続き、エスパルガロは8番手。初日総合25番手の高橋は18番手だった。

第12戦イギリスGPのフリー走行3は31日、シルバーストン・サーキットで行われ、ランク6位のヨハン・ザルコがトップタイムをマーク。3度のフリー走行を制した。

気温15度。路面温度25度のドライコンディションの中、2年目の中量級で初めてドライで1番時計を記録した初日総合1番手のザルコは、2度のコースインで最多の19ラップを周回。2分08秒台を7回、2分07秒台を2回記録。サーキットベストラップ(2分07秒667)を0.076秒更新する2分07秒591の1番時計を刻み、フリー走行総合1番手に進出した。

初日総合5番手のスコット・レディングは、2分08秒台を7回、2分07秒台を4回記録して、0.001秒差の2番手に浮上。

初日総合2番手の中上貴晶は、3度のコースインで15ラップを周回。2分08秒台を7回、2分07秒台を1回記録して、0.077秒差の3番手。

初日総合3番手のトーマス・ルティは、2分08秒台を5回、2分07秒台を2回記録して、0.264秒差の4番手。

初日総合4番手のエステバ・ラバットは、2度のコースインで最多の19ラップを周回。2分08秒台を9回、2分07秒台を1回記録して、0.332秒差の5番手。ダニー・ケント、チャビエル・シメオンが続いた。

初日総合6番手のポル・エスパルガロは、2分08秒台を9回記録して、0.739秒差の8番手。ミカ・カリオ、ニコラス・テロールがトップ10入り。

初日総合25番手の高橋裕紀は、3度のコースインで16ラップを周回。2分10秒台を6回、2分09秒台を1回記録して、1.680秒差の18番手だった。

Tags:
Moto2, 2013, HERTZ BRITISH GRAND PRIX, FP3

Other updates you may be interested in ›