Tickets purchase
Videopass purchase

決勝レース:L.サロンが2連勝で今季6勝目

3番グリッドのサロンが、前戦を再現するようにグループ争いの中で競り勝って、タイトル争いにおいて、大きく前進する今季5勝目を飾れば、リンス、マルケス、ビニャーレス、オリベイラが続き、25番グリッドの渡辺は23位でチェッカーを受けた。

第12戦イギリスGPの決勝レースは1日、シルバーストン・サーキットで行われ、ポイントリーダーのルイス・サロンが優勝。2戦連続6勝目を飾った。

気温18度。路面温度30度のドライコンディションの中、3番グリッドのサロンは、4人の優勝争いの中で後方に位置すると、戦況を見極めて、ラスト2ラップにトップに躍り出て、前戦チェコGPから2連勝を達成した。

2番グリッドのアレックス・リンスは、0.049秒差の2番手。今季9度目の表彰台を獲得すれば、6番グリッドのアレックス・マルケスは3位。今季2度目の表彰台を獲得した。

ウォームアップ走行で4連続の1番時計を記録したポールポジションのマーベリック・ビニャーレスは、0.849秒差の4位。今季初めて表彰台を逃した。

ウォームアップ走行で2番手に浮上した8番グリッドのミゲール・オリベイラは、4人による5位争いに競り勝ち、ジョナス・フォルガー、ジャック・ミラー、アレックス・マスボーが続き、ヤコブ・コーンフィール、エフレン・バスケスがトップ10入り。

25番グリッドの渡辺陽向は、5人による20位争いの末、23位でフィニッシュした。

ポイントランキングは、ポイントリーダーのサロンがランク2位のビニャーレスに26ポイント差、ランク3位のリンスに33ポイント差のアドバンテージを広げた。

次戦サンマリノ&リベイラ・ディ・リミニGPは、ミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンセリで13日に開幕、15日に決勝レースを迎える。

Tags:
Moto3, 2013, RAC

Other updates you may be interested in ›