Tickets purchase
VideoPass purchase

KTMが破竹の11連勝でコンストラクターを連覇

KTMが破竹の11連勝でコンストラクターを連覇

開幕から破竹の11連勝を達成したKTMが、シーズン6戦を残して、コンストラクターのタイトル獲得に成功。昨年の日本GPから15連勝を飾り、ホンダが樹立した19連勝と17連勝に挑戦する。

KTMは、第12戦イギリスGPで開幕戦カタールGPから11戦連続の優勝を飾り、シーズン6戦を残して、コンストラクター部門を制覇。軽量級で2年連続、通算3度目のタイトル獲得に成功した。

2003年に軽量級への参戦を開始したオーストリアのファクトリーは、2005年にミカ・カリオ(ランク2位)、ガボール・タルマクシ(ランク3位)、フリアン・シモン(ランク7位)が全16戦で9勝を含む14回の表彰台を獲得して、初タイトルを獲得。

Moto3クラス1年目は、4台を投入すると、サンドロ・コルテセ(ランク1位)、ダニー・ケント(ランク6位)、ズルファミ・カイルディン(ランク8位)が全17戦で7勝を含む16度の表彰台を獲得して、第17戦オーストラリアGPで初代コンストラクターを獲得。

2年目の今季は、7台体制で開幕から11勝。ルイス・サロン(ランク1位)、マーベリック・ビニャーレス(ランク2位)、アレックス・リンス(ランク3位)が連勝して、カレックス・KTMに155ポイント差のアドバンテージを広げることに成功した。

今大会の11連勝で、昨年10月の第15戦日本GPからの連勝記録を15に伸ばし、アプリリアの14連勝を突破。ホンダが1990年から1991年に樹立した最多の19連勝、1992年から1993年に記録した17連勝に挑戦するチャンスを迎えた。

Tags:
Moto3, 2013, HERTZ BRITISH GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›