Tickets purchase
Videopass purchase

公式予選:P.エスパルガロが今季4度目のポールポジションを奪取

フリー走行総合3番手のエスパルガロが、3度のポール・トゥ・フィニッシュを決めたカタール、カタルーニャ、アッセンに続く、今季4度目のポールポジションを獲得。ラバット、中上、ルティ、レディングが続き、アズランは32番グリッドからデビューレースを迎える。

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選は14日、ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンセリで行われ、ポル・エスパルガロがトップタイムをマーク。今季4度目のポールポジションを奪取した。

気温25度。路面温度37度のドライコンディションの中、フリー走行総合3番手のエスパルガロは、1分37秒台を6回記録。1分33秒666の1番時計を刻み、第7戦TTアッセン以来となるトップグリッドを獲得した。

フリー走行3を制してフリー走行総合1番手に躍り出たエステベ・ラバットは、2度のコースインで最多の25ラップを周回。1分37秒台を9回記録して、0.032秒差の2番手。今季4度目の1列目に進出した。

初日連続1番時計を記録したフリー走行総合2番手の中上貴晶は、1分37秒台を3回記録して、0.090秒差の3番手。4戦連続9度目の1列目を獲得した。

フリー走行総合6番手のトーマス・ルティは、1分37秒台を2回記録して、0.129秒差の4番手。

フリー走行総合5番手のスコット・レディングは、1分38秒台を6回記録して、0.554秒差の5番手。チャビエル・シメオン、ヨハン・ザルコ、フリアン・シモン、マンセル・シュレッター、ドミニケ・エジャーターがトップ10入り。

フリー走行総合31番手のアズラン・シャー・カマルザンは、2.851秒差の32番手。明日のデビューレースを11列目から迎える。

Tags:
Moto2, 2013, QP

Other updates you may be interested in ›