Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:M.マルケスが2戦連続6度目のポールポジションを奪取

公式予選:M.マルケスが2戦連続6度目のポールポジションを奪取

フリー走行で4連続の1番時計を記録したマルケスが、2戦連続してサーキットベストラップを更新。今季6度目のポールポジションを獲得すれば、ロレンソ、ロッシ、ペドロサ、クラッチローが続き、フリー走行総合17番手の青山は、今季の最高位となる15番グリッドに進出した。

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選は14日、ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンセリで行われ、マルク・マルケスがトップタイムをマーク。今季6度目のポールポジションを奪取した。

気温26度。路面温度37度のドライコンディションの中、フリー走行総合1番手のマルケスは、フリー走行4で今季11度目の転倒を喫したが、フリー走行1から4連続の1番時計を記録。タイムセッションでは、サーキットベストラップ(1分33秒138)を更新する1分32秒915を叩き出して、2戦連続のトップグリッドを獲得した。

フリー走行総合3番手のホルヘ・ロレンソは、フリー走行4で2番手に浮上。公式予選2では、0.513秒差の2番手に入り、2戦連続9度目の1列目を確保。

フリー走行総合4番手のバレンティーノ・ロッシは、フリー走行4で4番手。公式予選2では、0.658秒差の3番手に進出して、第8戦ドイツGP以来今季2度目の1列目を獲得。

フリー走行総合2番手のダニ・ペドロサは、フリー走行4で5番手に後退した後、公式予選2で0.811秒差の4番手。

フリー走行総合12番手のカル・クラッチローは、初めての公式予選1で2番手。公式予選2で1.099秒差の5番手まで挽回。

フリー走行総合9番手のアレックス・エスパルガロは、1.113秒差の6番手。今季2度目の2列目に進出すると、ステファン・ブラドル、アルバロ・バウティスタ、アンドレア・ドビツィオーソ、ニッキー・ヘイデンがトップ10入り。

フリー走行総合11番手のミケーレ・ピロは、公式予選1を1番手で突破した後、公式予選2で11番手。アンドレア・イアンノーネは12番手。

フリー走行総合17番手の青山博一は、フリー走行4で18番手、公式予選1で5番手に入り、明日の決勝レースを15番グリッド、5列目から迎える。

Tags:
MotoGP, 2013, GP APEROL DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Q2

Other updates you may be interested in ›