Tickets purchase
VideoPass purchase

ウォームアップ走行:M.ビニャーレスが週末2度目の1番時計

フリー走行1を制した3番グリッドのビニャーレスが、決勝レース直前のプラクティスで週末2度目の1番時計。2番グリッドのリンスが2番手。ポールポジションのフォルガーが3番手。10番グリッドのサロンが4番手に浮上。32番グリッドの渡辺は28番手だった。

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのウォームアップ走行は15日、ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンセリで行われ、マーベリック・ビニャーレスがトップタイムをマーク。決勝レース直前のプラクティスを制した。

気温21度。路面温度22度のドライコンディションの中、3番グリッドのビニャーレスは、1分44秒台を4回、1分43秒台を4回記録。1分43秒680でフリー走行1以来週末2度目の1番時計を刻んだ。

2番グリッドのアレックス・リンスは、1分44秒台を7回、1分43秒台を1回記録して、0.058秒差の2番手を維持。

今季2度目のポールポジションを獲得したジョナス・フォルガーは、1分44秒台を5回、1分43秒台を2回記録して、0.185秒差の3番手。

10番グリッドのルイス・サロンは、1分44秒台を3回、1分43秒台を2回記録して、0.265秒差の4番手に浮上。ミゲール・オリベイラ、アレックス・マルケス、ニッコロ・アントネッリ、エフレン・バスケス、イサック・ビニャーレス、エンリック・グラナドがトップ10入り。

32番グリッドの渡辺陽向は、1分46秒台を4回、1分45秒台を1回記録して、1.951秒差の28番手だった。

Tags:
Moto3, 2013, WUP

Other updates you may be interested in ›