初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

スペイン選手権:アラゴンGPに参戦予定の4人に注目

スペイン選手権:アラゴンGPに参戦予定の4人に注目

19ヶ国から49人が加わり、合計126人がエントリーした第5戦ナバーロ大会。第15戦アラゴンGPに参戦を予定するMoto3クラスのステウテンとエレーラ、Moto2クラスのラモスとマリニェラレーナに注目。日本から藤井、鳥羽、三原が軽量級に挑戦する。

CEVスペイン選手権の第5戦ナバーロ大会は今週末、昨年に引き続き、2度目の開催となるナバーラ・サーキットで行われ、将来のグランプリ参戦を目指すヤングライダーたちが集結。19ヶ国から49人の外国籍ライダーが参戦する。

Moto3™クラスは、43人がエントリー。地元出身の17人に加え、11ヶ国:イギリス(4人)、イタリア(3)、オーストラリア(3)、日本(3)、ベネズエラ(3)、オランダ(2)、マレーシア(2)、アルゼンチン(2)、ドイツ(1)、フランス(1)、アンドラ(1)から26人が参戦。

来週末にモーターランド・アラゴンで開催される第14戦アラゴンGPにワイルドカード参戦を予定するランク1位のオランダ人ライダー、ブライアン・ステウテンとランク6位のマリア・エレーラ、第15戦マレーシアGPでのデビュー戦が予定されているマレーシア出身のアイザット・マクリとハフィク・アズミは、今大会で弾みをつけたいところ。

レッドブル・ルーキーズ・カップの第7戦ミサノ大会で3度目の表彰台を獲得したランク2位のマルコス・ラミレス、最終戦バレンシアGPの開催地、リカルド・トルモ・サーキットを中心に展開するプロモーション大会の支援を受けるランク3位のホルヘ・ナバーロ、世界舞台から同選手権に復帰したランク4位のアドリアン・マルティンが上位争いの中心。

日本からフル参戦の藤井謙汰と鳥羽蓮は、13日から2日間、当地で実施された事前テストに参加。前戦から参戦を開始した三原荘紫は、レッドブル・ルーキーズ・カップに参戦するために、初日のみテストに参加して、当地を初走行した。

Moto2™は、22人がエントリー。地元勢の10人に加え、9ヶ国:イギリス(2)、アルゼンチン(2)、カタール(2)、チリ(1)、コロンビア(1)、スイス(1)、カザフスタン(1)、マレーシア(1)、オーストラリア(1)から12人が参戦。

第14戦アラゴンGPに負傷代役が予定されているポイントリーダーのロモン・ラモスとランク2位のアレハンドロ・マリニェラレーナ、第15戦マレーシアGPにワイルドカード参戦を予定するランク3位のハーフィス・シャハリン、成績不振により解雇されて同選手権に復帰したカレル・スミスが優勝争いの中心。

混合のスーパーストック600には、地元出身の9人が参戦。

最高峰クラスのストック・エクストリーム・クラスは、31人がエントリー。地元出身の23人に加え、7ヶ国:フランス(2)、ポルトガル(1)、スウェーデン(1)、アルゼンチン(1)、ベネズエラ(1)、オーストラリア(1)、カナダ(1)から8人が参戦する。

併催のカワサキ・G・カップには、21人がエントリー。地元勢の18人に加え、3ヶ国:フランス(1)、ポルトガル(1)、アンドラ(1)から3人が参戦する。

Tags:
MotoGP, 2013

Other updates you may be interested in ›