初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

スペイン選手権:M.エレーラがデビュー戦を前に今季2勝目

スペイン選手権:M.エレーラがデビュー戦を前に今季2勝目

来週末の第14戦アラゴンGPにワイルドカードとしてデビューするマリア・エレーラが5人による優勝争いに競り勝って、今季2勝目を挙げれば、日本から参戦の三原が12位に進出。藤井と鳥羽は19位と30位で完走した。

CEVスペイン選手権の第5戦ナバーロ大会は週末、ナバーラ・サーキットで行われ、来週末の第14戦アラゴンGPにワイルドカードとして初参戦が決定しているマリア・エレーラが優勝を飾った。

38人が参戦したMoto3™クラスは、6番グリッドのエレーナが、2番グリッドのマルコス・ラミレス、4番グリッドのホルヘ・ナバーロ、8番グリッドのアレハンドロ・メディナ、10番グリッドのブライアン・ステウテンとの優勝争いをコンマ3秒差で抑え、第2戦アラゴン大会に続いて、今季2勝目を達成。ランク3位に浮上した。

レッドブル・ルーキーズ・カップとダブル参戦するラミレスは、今季2度目の3位を獲得して、ポイントリーダーに返り咲けば、第14戦アラゴンGPにワイルドカード参戦するステウテンは5位に入り、3ポイント差のランク2位に後退。チーム・カルボから参戦するメディナは、自己最高位の2位を獲得して、9ポイント差のランク4位に進出した。

日本勢は、参戦2戦目となる三原荘紫が24番グリッドから12位。藤井謙汰と鳥羽蓮は、19位と30位で完走した。

31人が参戦したMoto2™クラスは、第2戦アラゴン大会に続いて2レースが行われ、第14戦アラゴンGPに負傷代役として参戦するアレハンドロ・マリニェラレーナが、2番グリッドから2位と1位を獲得すれば、第15戦マレーシアGPにワイルドカード参戦を予定するハーフィス・シャハリンは、3番グリッドから初優勝と3位。

第14戦アラゴンGPに負傷代役を予定するロモン・ラモスは、ポールポジションから3位と2位を獲得して、ポイントリーダーの座を堅守。初タイトル獲得に王手をかけた。

9人が参戦した混合のスーパーストック600クラスは、ミゲール・ポンスとホルヘ・アローヨが優勝。

29人が参戦した最高峰クラスのストック・エクストリーム・クラスは、ポイントリーダーのハビエル・フォーレスがポールポジションから5勝目を挙げた。

次戦は、バレンシアのリカルド・トルモ・サーキットで11月15日に開幕、17日に決勝レースが行われる。

Tags:
MotoGP, 2013

Other updates you may be interested in ›