初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

PBM、ダミアン・カドリンをアラゴン&フィリップアイランドに起用

PBM、ダミアン・カドリンをアラゴン&フィリップアイランドに起用

ポール・バード・モータースポーツは、プラマックに移籍したエルナンデェスの代役に、2年目に日本GPに負傷代役として参戦経験があり、今季ドイツ選手権と世界耐久選手権に参戦する豪州出身のカドリンをアラゴンとフィリップアイランドで起用する。

ポール・バード・モータースポーツは23日、今週末の第14戦アラゴンGPと第15戦オーストラリアGPに豪州出身のダミアン・カドリンを起用することを発表。アプリリア製のエンジンを搭載したオリジナルマシンを走らせることが決まり、マイケル・ラバティはアプリリア製のCRTマシン、ARTを使用する。

プラマック・レーシングと合意の上、ヨニー・エルナンデェスが移籍したことから、後任を探していたブリティシュチームは、今季IDMドイツ選手権のスーパーバイククラスと世界耐久選手権に参戦する30歳のカドリンを召集。

テクニカルディレクターのフィル・ボーリーは、「ダミアンとの仕事が大変楽しみです。彼の経験と知識により、バイクの開発が前進、そして、ポジティブな週末になることを期待します。事前テストができないことから、最初のプラクティスが大切となります。彼はブリヂストンタイヤとカーボンブレーキに順応できます。我々の目標はプラクティス毎にフィーリングを良くして行き、レースに向けて信頼性のあるバイクを提供することです。」

「マイケルは、ARTに乗り換えます。ミサノでのテストでは、ポジティブなフィーリングを得ていました。リザルトを良くできるか見てみましょう」と、説明した。

Tags:
MotoGP, 2013, GRAN PREMIO IVECO DE ARAGÓN

Other updates you may be interested in ›