初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

スズキがムジェロで2日間のテストを実行

スズキがムジェロで2日間のテストを実行

2015年の復帰を目指すスズキが、ミサノで3日間、ムジェロで2日間、合計5日間のテストを実行。スピードアップを目指して設計されたカウリング、トラクションコントロールの改良を目的とした電子制御、日本で選択した新型シャーシのテストに着手して、テストプログラムを順調に消化した。

スズキのテストチームは25日、第5戦イタリアGPの開催地、ムジェロ・サーキットで実施した2日間のプライベートテストを終了。先週ミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンセリで行った3日間のテストを含めて、合計5日間のテストを締め括った。

テストライダーのランディ・ド・プニエと青木宣篤は、2日間ドライコンディションに恵まれた中、前回に引き続き、カウリング、シャーシ、電子制御を中心にテストプログラムを進めて、2日間合計で130ラップを周回(初日77ラップ、2日目53ラップ)。初日の1分50秒080から2日目には1分49秒260にベストタイムを伸ばした。

「この2日間は電子制御の仕事に取り組み、異なる状況を検証した。リアグリップを向上させることが見つかった。ムジェロは困難なトラックになることを予想していたけど、今回のテストでエンジニアたちが仕事を継続するための情報を収集することができた。」

「今回が今季最後のテストになってしまったから少し寂しい。スズキのファクトリーチームと一緒に働き、このバイクを走らせたことは喜びだった。彼らと一緒にバイクの開発を続けられる機会が持てることを期待する」と、ド・プニエは開発の継続を希望した。

Tags:
MotoGP, 2013, Randy de Puniet

Other updates you may be interested in ›