初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ、過去に3勝を挙げたセパンに挑戦

ドゥカティ、過去に3勝を挙げたセパンに挑戦

困難なシーズンが続く、ドゥカティのドビツィオーソとヘイデン。来季に向けてラジカル的なバイク改良に踏み出すために、2月に参加したオフィシャルテストからの進歩を検証する絶好の機会が訪れた。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソとニッキー・ヘイデンは、今週末に第15戦マレーシアGPに挑戦。過去に好成績を挙げたセパン・インターナショナル・サーキットで、2月に実施したオフィシャルテストからの進歩を評価する。

前戦アラゴンGPで2戦連続の8位だったランク8位のドビツィオーソは、最高峰クラスに進出した2008年から2度の表彰台を獲得。ドゥカティに移籍してから本格的な走り込みを開始したオフィシャルテストでは、総合10番手と8番手だった。

「2月のテストはあまり良くなかったけど、セパンはお気に入りの1つ。僕たちのバイクは、このトラックに対して問題がある。特にグリップ不足だけど、当時とはコンディションは異なるから、良くなることを期待する。とにかく、全力を尽くそう」と、意気込みを語った。

前戦で2戦連続の9位だったランク9位のヘイデンは、当地で昨年6度目の4位に進出。オフィシャルテストでは連続して総合9番手だった。

「アラゴンの後で弟の結婚式に出席するために帰国したのはナイスだったけど、前戦を忘れて、マレーシアに乗り込みたい。このグランプリは、僕にとって非常に重要な3連戦の緒戦となる。少なくてもグッドなリザルトを獲得するために全力を尽くす。困難なことは覚悟しているけど、アラゴンより良くしたい」と、9位以上のリザルトを目標に設定した。

Tags:
MotoGP, 2013, SHELL ADVANCE MALAYSIAN MOTORCYCLE GP

Other updates you may be interested in ›