初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

PBM、D.カドリンをセパン&もてぎで起用

PBM、D.カドリンをセパン&もてぎで起用

移籍したエルナンデェスの後任に指名された豪州出身のカドリンが、アラゴンに引き続き、環太平洋3連戦に連続して参戦することが決定。2年前に転倒リタイヤを喫した日本GPに再挑戦する。

ポール・バード・モータースポーツは8日、前戦アラゴンGPに起用したダミアン・カドリンを今週末の第15戦マレーシアGPと2週間後の第17戦日本GPに継続的に起用することを発表。チームが開発するオリジナルマシンを走らせることが決まった。

先月23日、プラマック・レーシングとの合意の上で移籍したヨニー・エルナンデェスの後任に、世界耐久選手権とドイツスーパーバイク選手権に参戦する30歳のオーストラリア人を指名。第16戦オーストラリアGPを含めた2戦に起用することを発表すると、緒戦となった前戦では、最後尾の24番グリッドからギアボックスのトラブルが原因でリタイヤを強いられていた。

カドリンは、現在ランク2位に進出するドイツ選手権の最終戦が今週末に控えていたが、既にチャンピオンが決定していることから、所属チームとの合意により、ホームレースを視野に入れて、マレーシアGPに挑戦。2年前に負傷代役として参戦した経験がある日本GPにも継続して参戦することとなった。

Tags:
MotoGP, 2013, SHELL ADVANCE MALAYSIAN MOTORCYCLE GP

Other updates you may be interested in ›