Tickets purchase
Videopass purchase

K.アブラハムが左肩を手術

後半戦開始早々のインディアナポリスで左肩を痛めたアブラハムが手術を受けて、無事に成功。オースティンで脱臼骨折した右鎖骨も手術を受け、固定プレートを除去した。

カルディオン・AB・モーターレーシングのカレル・アブラハムは8日、チェコ・オロモウツ市内の大学病院で、第10戦インディアナポリスGPのフリー走行1で強打して靭帯を負傷した左肩の手術を受けた。2、3週間後にリハビリを開始する。

今回の手術では、第2戦アメリカズGPの公式予選1で脱臼骨折した右鎖骨も手術。サーキット・オブ・ジ・アメリカズ近郊の病院で患部を固定するために埋めていたチタン製のプレートを除去した。

「手術が無事に終わって良かった。リハビリが終われば、100%で走れるようになる。冬の間にしっかりトレーニングをして、怪我の心配なしに最初のテストを迎えたい。バイクに戻る前に長い時間を過ごすことになるけど、今週末にブルノ・サーキットで開催されるマルコ・シモンセリの追悼セレモニーには参加するつもりだ」と、9日の退院前に語った。

Tags:
MotoGP, 2013, Cardion AB Motoracing

Other updates you may be interested in ›