Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:M.ビニャーレスが5度目の初日総合1番手/J.ミラーが3度目の1番時計

フリー走行2:M.ビニャーレスが5度目の初日総合1番手/J.ミラーが3度目の1番時計

フリー走行1を制したランク3位のビニャーレスが、オースティン、インディアナポリス、ブルノ、シルバーストンに続き、今季5度目の初日総合1番手に進出。マスボーが今季最高位の初日総合2番手。ミラーが午後に今季3度目の1番手に進出して、午前のタイムで総合3番手。リンスとサロンは総合4-6番手。渡辺は初日31番手と33番手だった。

第15戦マレーシアGPのフリー走行2は11日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、ランク7位のジャック・ミラーがトップタイムをマーク。ランク3位のマーベリック・ビニャーレスが初日総合1番手に進出した。

気温25度。路面温度30度。セッション前の雨により、ウェットからドライに路面状態が変化した中、フリー走行1で3番手に進出したミラーが、2分15秒598の1番時計。今季3度目となるセッション1番手に進出した。

午前のプラクティスで5番手だったエフレン・バスケスは、0.693秒差の2番手。アレックス・マスボー、ジョナス・フォルガー、ロマーノ・フェナティ、アレックス・リンス、イサック・ビニャーレス、ニッコロ・アントネッリ、ミゲール・オリベイラが続いた。

週末最初のプラクティスで6番手だったルイス・サロンは、1.750秒差の10番手。

フリー走行1を制したビニャーレスは、2.271秒差の13番手だったが、午前のラップタイムで今季4度目の総合1番手に進出。

フリー走行1で31番手だった渡辺陽向は、5.106秒差の33番手だった。

Tags:
Moto3, 2013, SHELL ADVANCE MALAYSIAN MOTORCYCLE GP, FP2

Other updates you may be interested in ›