初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:D.ペドロサが今季初の3連続1番時計

フリー走行3:D.ペドロサが今季初の3連続1番時計

初日総合1番手のペドロサが、今季初めて3回連続の1番時計を連発。オースティン以来となる今季2度目のフリー走行総合1番手に進出すれば、最多ラップを周回したロレンソが2番手に浮上。ロッシ、ブラドル、クラッチローが続き、マルケスは7番手。初日総合17番手の青山は15番手、総合16番手だった。

第15戦マレーシアGPのフリー走行3は12日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、ランク3位のダニ・ペドロサがトップタイムをマーク。第2戦アメリカズGP以来今季2度目のフリー走行総合1番手に進出した。

気温27度。路面温度33度。開始から4分後に小雨が数分間降ったが、第4戦フランスGP以来今季2度目の初日総合1番手に進出したペドロサは、4度のコースインで12ラップを周回して、2分01秒台を1回、2分00秒台を1回記録。2分00秒877の1番時計を刻み、初日のタイムで3度のフリー走行を制した。

初日総合6番手のホルヘ・ロレンソは、3度のコースインで最多の18ラップを周回。2分01秒台を9回、2分00秒台を1回記録して、0.046秒差の2番手に浮上。

初日総合4番手のバレンティーノ・ロッシは、2分01秒台を3回、2分00秒台を1回記録して、0.093秒差の3番手。

初日総合7番手のステファン・ブラドルは、2分01秒台を4回記録して、0.206秒差の4番手。カル・クラッチロー、アルバロ・バウティスタが続いた。

初日総合2番手のマルク・マルケスは、3度のコースインで8ラップを周回。2分01秒台を2回記録して、1.079秒差の7番手。アンドレア・ドビツィオーソ、ニッキー・ヘイデン、ブラドリー・スミスがトップ10入り。

初日総合17番手の青山博一は、4度のコースインで18ラップを周回。2分04秒台を6回、2分03秒台を1回記録して、2.783秒差の15番手、総合16番手だった。

Tags:
MotoGP, 2013, SHELL ADVANCE MALAYSIAN MOTORCYCLE GP, FP3

Other updates you may be interested in ›