初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.バウティスタ、後半戦6戦中4戦でサテライト勢の最高位に進出

A.バウティスタ、後半戦6戦中4戦でサテライト勢の最高位に進出

2列目から好発進したバウティスタが、序盤にトップグループを追走。好走を見せると、中盤からクラッチローとのバトルを展開。最終ラップのアタックで抜き返すことに成功して、ブルノ、シルバーストン、アラゴンに続き、サテライト勢の最高位を獲得した。

ゴー&ファン・ホンダ・グレシーニのアルバロ・バウティスタは、第15戦マレーシアGPの決勝レースで、6番グリッドから5位。後半戦に入り、6戦中4戦でサテライト勢の最高位に進出した。

前戦アラゴンGPで今季2度目の表彰台争いを展開した後、昨年11月にプライベートテストを実施、2月に2度のオフィシャルテストに参加したセパン・インターナショナル・サーキットに戻って来ると、フリー走行1から4番手、5番手、6番手、6番手。

2列目からスタートした決勝レースでは、序盤こそトップグループを追走。5ラップ目にブレーキトラブルでペースを落とすと、7ラップ目からカル・クラッチローとのバトルを展開。0.152秒差で競り勝った。

「グッドなスタートを切ることができたから、トップグループに食らいつくことができたけど、フロントのブレーキレバーが十分に使えなくなり、コーナーでワイドになってしまった。快適に戻るのに数周かかり、グループから引き離されてしまった。もしかしたら、バレンティーノとのバトルでブレーキがオーバーヒートしてしまったかもしれない。同じように止まらなくなってしまったら、クラッチローに捕まってしまった。」

「ナイスなバトルだった。終盤に向けて、体力を温存するために、彼の後ろに位置。ラスト7、8ラップで引き離すために少しプッシュしたけど、そうできなかったら、もう一度、彼の後ろに位置することにした。そして、最終ラップにアタックした。」

「5位はグッドなリザルトだけど、上位陣から離されてしまった。もし、この問題が発生しなくても、もしかしたら、同じ結果だっただろう。もう少し近くでゴールしたと思うけど、オフィシャル勢以外でのトップ。これは重要だ。フィリップアイランドもこの調子で行きたい」と、ランク6位に浮上した15戦目を振り返った。

Tags:
MotoGP, 2013, SHELL ADVANCE MALAYSIAN MOTORCYCLE GP

Other updates you may be interested in ›