Tickets purchase
VideoPass purchase

第16戦オーストラリアGP:MotoGP™クラプレビュー

第16戦オーストラリアGP:MotoGP™クラプレビュー

デビュー戦から快進撃を続けるポイントリーダーのマルケスが、タイトル争いのライバルに43ポイント差のアドバンテージを持って、3連戦の2戦目、フィリップアイランドに挑戦。ランク2位のロレンソとランク3位のペドロサは、優勝でタイトル獲得を阻止しに行く。

第16戦オーストラリアGPは、フィリップアイランド・グランプリ・サーキットで18日に開幕、20日に決勝レースを迎え、第8戦ドイツGPから8戦連続してポイントリーダーを快走するマルク・マルケスが、チャンピオン獲得に向けて乗り込む。

当大会が初めて開催されたのは、24年前の1989年。最初の2年間は、南東部ビクトリア州のウェスタンポートワンの入り口に浮かぶフィリップ島にある当地で開催された後、東南部ニューサウスウェールズ州の州都シドニー郊外のイースタン・クリーク・レースウェイで6年間開催。1997年から当地に戻り、今年で17年連続19回目の開催を迎える。

前戦マレーシアGPで2位を獲得したマルケスは、第7戦TTアッセンから9戦連続してトップ2に進出。転倒リタイヤを喫した第5戦イタリアGPを除き、全15戦で14度目の表彰台を獲得。当地では、参戦1年目の2008年から2年連続して9位に進出した後、ポール・トゥ・フィニッシュを達成。2011年のMoto2クラス1年目には、ペナルティにより最後尾38番グリッドから3位。昨年は3番グリッドから2年連続の3位を獲得して、中量級のタイトル獲得に成功。

タイトル争いのライバルたちに43ポイント差のアドバンテージを広げ、最高峰1年目、通算3度目のタイトル獲得に王手をかけた。

ランク2位のホルヘ・ロレンソは、2年前にウォームアップ走行中の転倒負傷により、タイトル連覇を逃したが、昨年は2番グリッドから2位を獲得して、2度目のタイトル獲得に成功。タイトル争いを次戦以降に持ち込むためには、優勝、もしくは2位進出が条件となる。

ランク3位のダニ・ペドロサは、2009年の3位が最高峰クラスでの最高位。昨年3連勝の勢いに乗りながら、転倒リタイヤで逆転の可能性を失ったことから、2年連続の優勝を挙げた次戦日本GPまで可能性を残すために、2連勝、4勝目が条件となる。

ランク4位のバレンティーノ・ロッシは、2001年から2005年までに5連勝を達成し、2001年と2004年にはタイトル獲得に成功。第6戦カタルーニャGPから10戦連続してトップ4に進出した勢いに乗って、今季2勝目、6度目の表彰台を目指す。

サテライト勢の最高位争いは、ランク5位のカル・クラッチローに対して、ランク6位に浮上したアルバロ・バウティスタが30ポイント差まで接近。ランク7位のステファン・ブラドルは、骨折した右足首の回復具合で参戦を決断する。

来季に向けて、レーシング体制を強化するドゥカティ勢。ケーシー・ストーナーがデスモセディチを走らせた2007年から4連勝達成した当地で、上位陣とのギャップを詰めに行く。

前戦で今季の最高位となる11位、CRT勢の2番手に進出した青山博一は、ランク21位から19位に浮上。次戦のホームレース、そして来季のシート確保に向けて、再度存在感をアピールしたいところ。

Tags:
MotoGP, 2013, TISSOT AUSTRALIAN GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›