初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

パワー・エレクトロニックス・アスパル・チーム、ホンダが開発中の市販レーサーを使用/N.ヘイデンと2年契約

パワー・エレクトロニックス・アスパル・チーム、ホンダが開発中の市販レーサーを使用/N.ヘイデンと2年契約

最高峰クラスへの進出を開始した2010年からドゥカティ、サブカテゴリーのCRTが始まった2012からアプリリア製のARTを使用してきたアスパル・チームは、新規規定が施行される来季に向けて、ホンダが現在開発する市販レーサー(仮称)を使用することでHRCと合意。2006年王者ヘイデンを2年間起用することを発表した。

パワー・エレクトロニックス・アスパル・チームは17日、来年3年目を迎えるサブカテゴリー、CRTの新しい規定が施行されることが決定している中、HRCとの間で、ホンダが現在開発に取り組む市販レーサー(仮称)を2014年から2年間使用することで合意。第1ライダーとして、2006年王者のニッキー・ヘイデンを同じく2年間起用すること発表した。

チームマネージャーのホルヘ・マルチネス・アスパルは、「パワー・エレクトロニックス・アスパル・チームにとって、ホンダとニッキー・ヘイデンを起用できるというのは、大変に素晴らしいニュースです。これは決定的に品質、名声、イメージにおいて大きな前進を果たします。」

「我々は僅かな時間で大変大きく成長しています。ホンダと共に新しいプロジェクトの開始に興奮します。チームを立ち上げた1992年に最初に使用したのがホンダでした。あの時代の素晴らしい思い出があります。我々の目標は、今日までのように最高峰クラスを代表するチームの1つであり続けること。ホンダの市販レーサーとヘイデンの組み合わせは、成功の代名詞だと考えます。」

「コンストラクターとしてのホンダの歴史、そして、チャンピオンとして多くの成功を収めて来たヘイデンを起用することは、我々に大きなモチベーションをもたらします。イタリアメーカーとして長く一緒に仕事をしてきたことから、これは重要な変更となりますが、この新しい冒険に大きな期待感を持ちます。チームはグレートなリザルトを獲得続けるために、全力を尽くします」と、来季のプロジェクトを説明した。

第2ライダーに関しては、近日中に発表する。

Tags:
MotoGP, 2013

Other updates you may be interested in ›