初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:M.マルケスが週末3連続の1番時計

フリー走行3:M.マルケスが週末3連続の1番時計

初日に連続して1番時計を記録したマルケスが、2日目午前のプラクティスで最速ラップをマーク。フリー走行総合1番手に進出すれば、初日総合3番手のロレンソは、最速リズムを刻んで2番手。ロッシ、ペドロサ、クラッチローが続き、初日総合21番手の青山は20番手、CRT勢の7番手だった。

最終戦バレンシアGPのフリー走行3は9日、リカルド・トルモ・サーキットで行われ、ポイントリーダーのマルク・マルケスがトップタイムをマーク。フリー走行総合1番手に進出した。

気温17度。路面温度16度のドライコンディションの中、フリー走行1から連続して1番手に進出した初日総合1番手のマルケスは、1分31秒台を6回、1分30秒台を1回記録。1分30秒803の1番時計を刻んだ。

初日総合3番手のホルヘ・ロレンソは、1分31秒台を7回、1分30秒台を2回記録して、0.113秒差の2番手。

初日総合5番手のバレンティーノ・ロッシは、週末3回連続して最多周回数を走行すると、1分32秒台を9回、1分31秒台を3回記録して、0.230秒差の3番手に浮上。

初日総合2番手のダニ・ペドロサは、1分32秒台を7回、1分31秒台を5回記録して、0.506秒差の4番手。

初日総合4番手のカル・クラッチローは、1分32秒台を8回、1分31秒台を1回記録して、1.014秒差の5番手。アロバル・バウティスタ、ステファン・ブラドル、ニッキー・ヘイデン、アンドレア・ドビツィオーソ、ブラドリー・スミスがトップ10入り。

CRT勢では、初日総合13番手のアレックス・エスパルガロが、1.835秒差の11番手。

初日総合21番手の青山博一は、2.870秒差の20番手、CRT勢の7番手だった。

Tags:
MotoGP, 2013, GRAN PREMIO GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA, FP3

Other updates you may be interested in ›