初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:M.マルケスが今季9度目のポールポジションを奪取

公式予選:M.マルケスが今季9度目のポールポジションを奪取

今季の予選最速者を決定するBMW・M・アワードを1年目で制したポイントリーダーのマルケスが、今季9度目のポールポジションを奪取。ランク2位のロレンソは2番手。ランク3位のペドロサが3番手に入り、地元勢が1列目を独占。ロッシ、クラッチロー、スミスが続き、青山は明日の決勝レースを19番グリッドから迎える。

最終戦バレンシアGPの公式予選は9日、リカルド・トルモ・サーキットで行われ、ポイントリーダーのマルク・マルケスがトップタイムをマーク。今季9度目のポールポジションを奪取した。

気温21度。路面温度26度のドライコンディションの中、週末3度のプラクティスを連続して制したフリー走行総合1番手のマルケスは、フリー走行4で1分31秒台を7回記録。0.020秒差の2番手に後退した後、公式予選2では、サーキットベストラップ(1分30秒844)を0.607秒更新する1分30秒237の1番時計を叩き出した。

フリー走行3で最速リズムを刻んだフリー走行総合2番手のホルヘ・ロレンソは、フリー走行4で連続20ラップを実行して、1分31秒台を最多の連続19回記録。1分31秒313の1番時計を刻むと、公式予選2では、0.340秒差の2番手に入り、今季13度目の1列目を獲得。

フリー走行総合4番手のダニ・ペドロサは、フリー走行4で0.187秒差の4番手。公式予選2では、0.426秒差の3番手に入り、今季8度目の1列目に進出。

フリー走行総合3番手のバレンティーノ・ロッシは、フリー走行4で0.026秒差の3番手。公式予選2では0.683秒差の4番手に入り、カル・クラッチロー、ブラドリー・スミス、アルバロ・バウティスタ、ステファン・ブラドル、アンドレア・ドビツィオーソ、ニッキー・ヘイデンがトップ10入り。

フリー走行総合11番手のアンドレア・イアンノーネは、公式予選1で1番手に進出。公式予選2では11番手に入り、フリー走行総合14番手のダニロ・ペトルッチは、公式予選1で2番手に進出して、第8戦ドイツGP以来2度目の公式予選2に進出した。

フリー走行総合20番手の青山博一は、フリー走行4で20番手だった後、公式予選1では、0.588秒差の9番手。明日の決勝レースを7列目から迎える。

Tags:
MotoGP, 2013, GRAN PREMIO GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA, Q2

Other updates you may be interested in ›