初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アスパル・チーム、2014年に青山博一の起用を発表

アスパル・チーム、2014年に青山博一の起用を発表

2年間連続してCRTカテゴリーのタイトルを獲得したアスパル・チームは、2006年王者のヘイデンに続き、2009年250ccクラス王者の青山を起用することを発表。ARTからRCV1000Rに変更して、オフィシャルテストから2014年に向けて発進する。

アスパル・チームは10日、青山博一との間で2014年の参戦に関して合意したことを発表。HRCが7日に初披露したRCV1000Rを使用して、リカルド・トルモ・サーキットで開催される11日からのオフィシャルテストに参加する。

10月17日、2006年王者ニッキー・ヘイデンを2014年から2年間の起用を発表。第2ライダーに、2009年に250ccクラス最後の王者に輝き、2010年から最高峰クラスに参戦する青山を指名。

チームマネージャーのホルヘ・マルティネス・アスパルは、「アスパル・チームにとって、ワールドチャンピオンの青山博一を起用できることは大きな喜びです。来年はホンダと共に新しいプロジェクトをスタートさせます。三者にとって大きな相乗効果をもたらすと確信します。コンストラクター、ライダー、チームのコンビネーションは、大変ポジティブです。」

「2014年は、この2年間よりも、さらに生産的になることを期待します。先月、ブランドとライダーの視点から我々のチームは革命的な発展を遂げました。ホンダへの変更は絶対的な保証であり、2人の世界王者の起用も同様です。これらが来季に素晴らしい結果として変換されることは確かです」と、期待の高さを語った。

Tags:
MotoGP, 2013, GRAN PREMIO GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA, Hiroshi Aoyama, Power Electronics Aspar

Other updates you may be interested in ›