初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バレンシアで6度目のタイトル決着

バレンシアで6度目のタイトル決着

軽量級のタイトル争いにおいて、2002年にバレンシアが最終戦の舞台に指名されてから、今回が6度目のクライマックスステージとなり、5ポイント差に接近した地元出身の3人、サロン、ビニャーレス、リンスがMoto3クラス2代目のチャンピオンを目指す。

地元スペイン出身の3人、ルイス・サロン、マーベリック・ビニャーレス、アレックス・リンスが、最終戦バレンシアGPでタイトル獲得に挑戦。2002年にリカルド・トルモ・サーキットがシーズンの最終戦に指名されてから、今回が6度目の決着の舞台となる。

2002年-アルノー・ヴァンサン
最終戦を前に、2001年王者のマヌエル・ポジアーリに対して、8ポイント差のアドバンテージ。バレンシアで2位に進出して、フランス人として初めて軽量級の王者に輝く。

2005年-トーマス・ルティ
23ポイント差のアドバンテージ中、ランク2位のミカ・カリオが3人による優勝争いに僅少さで競り勝ったが、13位以内でフィニッシュすることが条件だったルティが、9位でチェッカーを受けて、タイトルを獲得。

2007年-ガボール・タルマクシ
チームメイト同士のタイトル争い。5人に優勝争いが展開された中、10ポイント差の逆転を狙ったランク2位のエクトル・ファウベルが地元で優勝を飾ったが、タルマクシがセルジオ・ガデア、マティア・パシーニ、ルーカス・ペセックに競り勝って、ハンガリーに初のタイトルをもたらす。

2010年-マルク・マルケス
エストリルの逆転劇で、ニコラス・テロールに17ポイント差にアドバンテージを拡大した後、ポールポジションから4位に進出して、初タイトルを獲得。

2011年-ニコラス・テロール
環太平洋3連戦を終えて、20ポイント差に詰め寄られたが、ライバルのヨハン・ザルコが3ラップ目に転倒リタイヤを喫したことから、2年越しに地元でタイトルを獲得。

Tags:
Moto3, 2013, GRAN PREMIO GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA

Other updates you may be interested in ›