初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ:「最後まで全力を尽くした」

J.ロレンソ:「最後まで全力を尽くした」

逆転タイトル獲得に向けて、スローペースを仕掛けて、グループ内でのバトルを期待したロレンソだったが、序盤こそ作戦が上手く行きながら、中盤からは単独走行。終盤3連勝を飾り、全力でトライしたことに胸を張った。

ヤマハ・ファクトリー・レーシングのホルヘ・ロレンソは、最終戦バレンシアGPの決勝レースで、2番グリッドから優勝。3戦連続8勝目を挙げたが、僅か4ポイント差で、2年連続3度のタイトルを逃した。

逆転タイトル獲得に向けて、優勝とマルク・マルケスの5位以下が条件の中、プラクティスで1分31秒前半のペースを掴んだが、トップに位置してスローペースの展開を仕掛けると、1分32秒後半のペースでレース序盤を周回したが、中盤以降は単独走行となった。

「ウォームアップ走行後、ミーティングを開いて、序盤に少し遅いペースで走るという作戦の変更を決断した。何も悔むことはない。少なくても僕たちはトライした。」

「他のライダーたちはグループを維持するには遅すぎたから、数ラップはスピードを落とすために、ダニと一緒に走った。大きなリスクを背負う必要があった。その後、後ろを振り返ったら、他のライダーたちは離れていたから、逃げることを決断した。」

「チャンピオンシップの最後まで僕たちは全力を尽くした。非難すべきではない。今日はマルクが勝者。それに相応しい。彼はタレントと野心を持つ。一緒に走るには非常に速くなければいけない」と、30ラップのレース後に新王者を賞賛した。

Tags:
MotoGP, 2013, GRAN PREMIO GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA, Jorge Lorenzo, Yamaha Factory Racing

Other updates you may be interested in ›