初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヤマハのロレンソ&ロッシが2014年型M1をテスト

ヤマハのロレンソ&ロッシが2014年型M1をテスト

2014年の規定に適応した2014年型のYZR-M1が投入されたロレンソとロッシが、オフィシャルテストの1日目と2日目に参加。108ラップと99ラップを周回して、今季のテストプログラムを終了した。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソは、リカルド・トルモ・サーキットで開催されたオフィシャルテストの1日目に1番手、2日目に2番手に進出。バレンティーノ・ロッシは、2番手と7番手だった。

2014年の新規定により、共通ECUのハードウェアを搭載した開発中の2014年型YZR-M1が投入され、燃料20リットルに対応する燃料消費システムなどを試しながら、2日間のテストプログラムを実行。

シーズン終盤に3連勝を挙げたランク2位のロレンソは、1日目に48ラップを周回。1分31秒257の1番時計を記録した後、2日目には60ラップを周回。1分30秒768の2番時計、トップタイムから0.232秒差を刻んだ。

「来年型のバイクを試した。幾つかポジティブなことが見つかった。幾つか小さなアドバンテージを得られるように、幾つかの細かいところを試している。大きくて重要な調整が行われるセパンまで待たなければいけない」と、テストを振り返った。

ヤマハ復帰1年目にランク4位を獲得したロッシは、クルーチーフにシルヴァーノ・ガルブセラを迎え入れ、1日目に42ラップを周回。00932秒差の2番手に進出すれば、2日目は57ラップを周回して、0.861秒差の7番手だった。

「ニューマシンに集中した。昨日よりも少し難しかった。幾つかの調整や新しい燃料消費システムなどを沢山のことを試した。グッドなテストとなった。パフォーマンスはファンタスティックではなかったけど、来年に向けて、より戦闘的になるように重要な仕事に取り組んだ。シーズンを通じて、ブレーキングで十分に強くなかったから、この改良が目標となる」と、来年の課題を説明した。

Tags:
MotoGP, 2014, Jorge Lorenzo, Valentino Rossi, Movistar Yamaha MotoGP

Other updates you may be interested in ›