初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.マルケスが2日間連続の1番時計で総合1番手

M.マルケスが2日間連続の1番時計で総合1番手

史上最年少のタイトル獲得に成功した後、マルケスが2日間オフィシャルテストに参加。2014年シーズンに向けて、来年に施行される新規定に適応したプロトタイプマシンで、1番時計を連発して、総合1番手に進出した。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは13日、リカルド・トルモ・サーキットで開催されたオフィシャルテスト3日目、最終日に1番時計を記録。2014年シーズンに向けて、今年最後のテストで総合1番手に進出した。

史上最年少のチャンピオンに輝いた翌日、オフィシャルテストの1日目をキャンセルしたが、最終戦バレンシアGPで使用した1台の2013年型RC213Vと2台の2014年型プロトタイプマシン(1台はミサノ・ワールド・サーキットで実施したオフィシャルテストで使用。もう1台は今回初投入)が準備された中、2日目は、77ラップを周回して、1分30秒536の1番時計を記録。

3日目は、56ラップを周回して、公式予選2で樹立したサーキットベストラップ(1分30秒237)に僅少0.05秒差に接近する1分30秒287の1番時計を記録した。

「今日の展開に満足。懸命に働いたチームのみんなに感謝したい。テストを続けて、1台のプロトタイプマシンに集中。昨日よりも良い感じがあった。電子制御とバイクのセットアップを試して、結果に満足。重要なのは、ホンダが冬の間に仕事ができ、次のテストに向けて幾つかの進歩を遂げるために、今回のテストで沢山の情報を収集したことだ」と、最高峰クラス2年目に向けて好発進したテストを振り返った。

テストを終了したマルケスは、今月30日(土)にツインリンクもてぎで開催される『Honda Racing THANKS DAY』への出演が予定されている。

Tags:
MotoGP, 2014, Marc Marquez, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›