初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

2013年転倒レポート~シーズン転倒数

2013年転倒レポート~シーズン転倒数

2013年の転倒数は、過去最高を記録した昨年から減少。最高峰クラスは過去最多となる205回の転倒を記録した一方で中量級と軽量級は、昨年から減少して、それぞれ344回と314回だった。

ドルナスポーツは、2013年シーズンの『ファイナル・フォールズ・レポート(転倒報告)』を発表。過去最高位を記録した2012年の総合905回から863回に減少。1戦あたり平均して50.1回を記録した。

最高峰クラスは、2012年に186回を記録したが、今年は205回。1戦の平均は10.3回から11.4回に増加。2011年は8.7回だったが、2年連続して二桁台を記録した。

中量級は、2012年の371回から344回。1戦の平均は21.8回から20.2回に減少。250ccクラス最後のシーズンとなった2009年は234回、1戦の平均は14.6回だったが、Moto2™クラスが導入された2010年は390回、1戦平均22.9回を記録。2011年には過去最高の421回、1戦平均24.8回を記録したが、2年連続して減少した。

軽量級は、2012年の348回から314回。1戦の平均は20.5回から18.5回に減少。125ccクラス最後のシーズンとなった2011年の316回、1戦平均18.6回と同等の転倒数となった。

年間転倒数
2013年: 863回-1戦平均50.1回 (最高峰クラス:205回/中量級:344回/軽量級:314回)
2012年: 905回-52.4回 (186回/371回/348回)
2011年: 894回-52.1回 (157回/421回/316回)
2010年: 825回-48.5回 (134回/390回/301回)
2009年: 642回-40.1回 (104回/234回/304回)
2008年: 876回-51.5回 (154回/259回/463回)
2007年: 670回-39.5回 (117回/256回/297回)
2006年: 647回-40.3回 (98回/235回/314回)

1戦平均の転倒数は、ラグナセカのアメリカGPを除く。

Tags:
MotoGP, 2013

Other updates you may be interested in ›