初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

2013年転倒レポート~セッション別転倒数

2013年転倒レポート~セッション別転倒数

2013年は、2012年と比較して、フリー走行1と公式予選で転倒数が減少したが、決勝レースに向けて、セッティングを本格的に調整し始めたフリー走行2で転倒が増加した。

ドルナスポーツは、2013年シーズンの『ファイナル・フォールズ・レポート(転倒報告)』を発表。初日2度目のプラクティスとなるフリー走行2で転倒が多発した。

年間で3クラス合計の転倒数が863回を記録した中、転倒数が多発したのは、決勝レースの272回。順にフリー走行2の135回、フリー走行3の133回、公式予選1の132回、フリー走行1の80回、ウォームアップ走行の71回。

昨年と比較して、フリー走行1で112回から80回、公式予選で201回から147回に減少すれば、フリー走行2で116回から135回に増加した。

セッション別転倒数
フリー走行1: 80回 (最高峰クラス:18回/中量級:36回/軽量級:26回)
フリー走行2: 135回 (最高峰クラス:34回/中量級:52回/軽量級:49回)
フリー走行3: 133回 (最高峰クラス:33回/中量級:42回/軽量級:58回)
フリー走行4: 25回 (最高峰クラス:25回)
公式予選1: 132回 (最高峰クラス:15回/中量級:69回/軽量級:48回)
公式予選2: 15回 (最高峰クラス:15回
ウォームアップ走行: 71回 (最高峰クラス:17回/中量級:30回/軽量級:24回)
決勝レース: 272回 (最高峰クラス:48回/中量級:115回/軽量級:109回)

Tags:
MotoGP, 2013

Other updates you may be interested in ›