Tickets purchase
VideoPass purchase

ヘイデン:「キャリアが終わったと考えた」

スペイン発のインターナショナルデジタルマガジン、On-Track Off-Road(オントラック・オフロード)は、2014年に新地天地パワー・エレクトロニクス・アスパルに移籍したヘイデンのスペシャルインタビューを掲載。ドゥカティとの間で延長契約が交わされないことが決まった瞬間、MotoGPでのキャリアが終わったと考えたことを明かした。

「MotoGPを去る準備は出来ていない。ドゥカティが僕に継続起用しないと告げたとき、あまり気分の良くないことが頭の中で駆け回った。ハイレベルのバトルがしたい。そのために僕はレースをする」と、上位進出に再挑戦する意志を語った。

Tags:
MotoGP, 2014

Other updates you may be interested in ›