Tickets purchase
VideoPass purchase

スペシャルインタビュー:リビオ・スッポ(HRC)

スペシャルインタビュー:リビオ・スッポ(HRC)

コミュニケーション&マーケティングダイレクターからチームプリンシパルに就任したリビオ・スッポは、本田技研が2013年に設定したライダー部門、コンストラクター部門、チーム部門の3冠奪回という目標達成を振り返ると同時に2014年のチーム体制に関して説明した。

HRCチーム代表、リビオ・スッポは、ファクトリーチームのレプソル・ホンダから最高峰クラス初参戦で史上最年少チャンピオンに輝いたマルク・マルケスとランク3位に進出したダニ・ペドロサの2013年シーズンを総括した。

2013年はチームにとって三冠獲得という大変成功したシーズンになりました。チームにおける新しい役割を務めましたが、このような成功を期待していましたか?
一方で期待通りでしたが、常に良いこと悪いことがあります。もし、ポジティブになろうとすれば、もちろん、マルクのシーズンは本当に素晴らしかったです。このスポーツのほぼ全てのレコードを更新したことを誇りに思います。喜ぶことができます。

その一方で、ダニがタイトル争いの機会を失ったことは大変残念です。今回も彼の責任ではありませんでした。マルクから34ポイント差。しかし、現実には、もし、ザクセンリンクとアラゴンのことが起きなければ、もしかしたら、あのタイトル争いに加わっていたかもしれません。もしかしたらではなく、確かに争っていたはずです。

それ以外では、チームはグッドなシーズンを実現しました。メカニックたちは素晴らしいバイクに仕上げました。2014年を展望しましょう。2人のライダーたちを継続起用しますが、ホルヘ・ロレンソは大変、大変強力です。大変良いシーズンだったことから、難しくなるでしょう。

2人のライダーについて振り返りましょう。まずはダニ・ペドロサから。人として、ライダーとしての成長をどのように確認しましたか?浮き沈みがありましたか?
今年もダニは、バイクだけでなく、精神面も大変強いライダーであることを証明しました。ザクセンリンクとアラゴンで起きたことから巻き返したことは、簡単ではなかったです。バレンシアではグッドなレースをして、セパンで勝ちました。私はダニと一緒に働くことを誇りに思います。

新王者マルク・マルケスについては?
リフレッシュです。常に笑顔で素晴らしい人柄と才能の持ち主。それが彼の最大の長所であり、長いキャリアに役立つでしょう。我々は彼を起用できることが大変嬉しいです。

2014年、マルケスはMoto2™クラス時代のスタッフたちを再会します。ピットボックス内の変更に関して説明してください。
決して大きな変更ではありません。メカニックたちはライダーにリンクされます。今年マルクと共に働いたほぼ全員のメカニックたちは、ケーシー・ストーナーと共にHRCに加入しました。ライダーとメカニックは、このようなことが適用されます。とにかく、ファクトリーチームではありませんが、HRC内において、全てのメカニックたちに良い仕事を見つけることができました。我々はそのことが嬉しく、マルクも彼自身の仲間に囲まれることを喜んでいます。

私はこの世界に大変、大変長くいます(笑)。しかし、これほどチームがそばにいることを必要しているライダーを見たことがありません。彼は日曜の夜、ホスピタリティで彼のメカニックたちと一緒に夕食を摂ります。本当に彼の周囲にこのファミリーを持つことを必要としています。このことは困難な時期に大きく役立ちます。何度か説明しましたが、フィリップアイランドで(失格となった)ミスを理由にチームに対して失望したり、神経質になったりすることは簡単でしたが、現実には、彼がチャンピオンシップの獲得に向けて、モチベーションのある強いチームを維持させました。

現状のメカニックたちは大変良いと信じます。良い仕事をしますが、ライダーは確信しています。もちろん、彼が起用したいメカニックたちのレベルは、十分に良いと信じます。起用しない理由はありません。

クリスティアン・ガッバリーニは、RCV1000Rの仕事に着手します。この新しいプロジェクトはHRCにとって大変重要です。チーフメカニックでしたブルノ・レオーニは、新しいプロジェクトの責任者になります。

2014年の新たな挑戦として、ファクトリーバイクは最大で20リットルの燃料に制限されます。これは大きな違いをもたらすでしょうか。
確かに。しかし、ホンダの技術は大変高く、レプソル社と20年に渡って一緒に働いてきたことを忘れてはいけません。これは助けとなります。もちろん、我々のエンジニアたちは長い時間を費やして、そのことに働いてきました。感想するためにベストな燃料が見つかることは確実です。

Tags:
MotoGP, 2014, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›