Tickets purchase
VideoPass purchase

新人王A.マルケスが脱臼した右肩を手術

新人王A.マルケスが脱臼した右肩を手術

第17戦日本GPで初優勝を飾り、ランク4位に進出したマルク・マルケスの弟アレックスが、3連戦の直前にモトクロストレーニングで脱臼した右肩を手術。無事に成功して、2年目の来季に向けて、3週間後からリハビリを開始する。

エストレージャ・ガルシア・0.0のアレックス・マルケスは19日、バルセロナ市内の病院で10月の第15戦マレーシアGP直前に脱臼した右肩を手術。約3週間の安静が必要となった。

フル参戦1年目にランク4位に進出、新人王に輝いた17歳のスペイン人ライダーは、出身地セルベラでモトクロスを使用したトレーニング中に転倒を喫して、右肩を脱臼。2度の肩脱臼を経験した兄マルクに応急処置として、整復してもらった後、近郊の病院で治療を受け、終盤4戦に参戦。今回の手術により、靭帯と上腕頭骨を修復して安定させた。

Tags:
Moto3, 2013

Other updates you may be interested in ›