K.アブラハム、メディカルチェック後に欠場を決断

Saturday, 4 May 2013

前戦アメリカズGPで右鎖骨を脱臼骨折したアブラハムが、初日に参加したが、痛みが酷くなったことから、メディカルコントロール後に欠場を決断。次戦フランスGPでの復帰に向けて、治療とリハビリに専念する。

カルディオン・AB・モータースポーツのカレル・アブラハムは4日、第3戦スペインGPのフリー走行3前にメディカルチェックを受け、2日目以降の欠場を決断した。

前戦アメリカズGPの公式予選で、ブライアン・スターリングと接触転倒を喫した際に右鎖骨を脱臼骨折。搬送されたオースティン市内の大学病院で手術を受け、完治までに3~4週間が必要と診断を受けていたが、29日にブルノ市内で検査を受けて参戦を決断。

初日に32ラップを周回して、総合23番手だったが、「昨日は可能だと考えたから、鎮痛剤を投与せずにトライしたけど、無理だったから、鎮痛剤でトライしたけど、良くなかった。痛みが激しかった。もしかしたら、翌日は良くなるかもしれないと考えたけど、状況は悪化した」と、説明した。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising