A.バウティスタは1年1ヶ月ぶりに1列目を獲得

Saturday, 20 July 2013

前戦で今季最高位の5位に進出したバウティスタが、フリー走行総合4番手に進出した後、公式予選2で3番手に入り、1年1ヶ月ぶりに1列目に進出。最高峰クラスで通算2度目のフロントローを獲得し、スタート直後の転倒を回避することを誓った。

ゴー&ファン・ホンダ・グレシーニのアルバロ・バウティスタは、第9戦アメリカGPの公式予選2で3番時計を記録。最高峰クラスで初のポールポジションを獲得した昨年6月の第6戦イギリスGP以来となる1列目に進出した。

前戦ドイツGPで今季初のトップ5に進出した後、フリー走行1で5番手発進すると、8番手、4番手、4番手に進出。公式予選2では、0.197秒差の3番手に入り、トップグリッドを獲得した昨年6月の第6戦イギリスGP、ホルヘ・ロレンソの負傷欠場により、4番グリッドから繰り上げとなった2011年10月の第16戦オーストラリアGP以来、3度目の1列目から明日の決勝レースを迎える。

「すごく嬉しい。僕たちにとってすごく良い。前戦からバイクを大きく変更したわけではないから、何が起きたのか正確には分からない。バルセロナの転倒後、あまり力まずに、ステップ・バイ・ステップで進んで来た。ザクセンリンクは良かった。初日からバイクの快適さを感じる。」

「昨年は酷かった。問題が山積みで、走ることが難しかったから、特別に嬉しい。今年はまるで違うトラックを走っているようだ。予選が上手く行き、明日は1列目からスタートするけど、レースリズムが良いことが嬉しい。」

「グッドなスタートを切って、1ラップ目を慎重に走るつもりだ。気温が低いから、タイヤが温まるには2ラップが必要となる。その後にリズムを掴もう」と、スタート直後の転倒を回避することを誓った。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising