A.バウティスタ、ショーワ&ニッシンに好感触&好結果

Thursday, 19 September 2013

ホンダのファクトリーライダーたちとは使用するパッケージが異なり、孤軍奮闘するバウティスタが、ショーワ製のフロントフォークと日信製のブレーキをテスト。好感触と好結果を得ることができ、近い将来に期待を膨らませた。

ゴー&ファン・ホンダ・グレシーニのアルバロ・バウティスタは、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースで8番グリッドから7位。7戦連続10度目のトップ7入りを果たした後、ミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンセリに延滞して、オフィシャルテストに参加。ショーワとニッシンが準備した新しいフロントフォークとブレーキを試して、好感触を得た。

3戦連続して4位争いを展開した後、チームのホームレースに乗り込んで来ると、フリー走行1から5番手、6番手、6番手、3番手に進出。ウォームアップ走行で5番手だった後、3列目から迎えた決勝レースでは、プラクティスで掴んだ1分34秒台のペースで走れず、1分35秒台で周回。

「良い走りができていたので、違う結果を期待していた。4位以上を戦えるポテンシャルがあったと思うから残念。コーナーでマシンの向きを変えることに苦労した。セッティングは変更しなかったから、原因が解らない。理由を追求する必要がある」と、振り返ると、オフィシャルテストでは、70ラップを周回して、1分34秒台を20回、1分33秒台を1回記録。公式予選2のタイムを更新する好走で0.613秒差の5番手に進出した。

「今回のテストにハッピー。沢山の仕事に取り組み、レース時の問題の根源が見つかったのは良かった。同じセッティングで、レースより速く走ることができた。プラクティスのペースだったから、問題は僕でもバイクでもないことは明白だ。」

「ショーワの新しいフロントフォークにトライ。異なるセッティングが興味深い結果をもたらしてくれた。ニッシンのブレーキもテストした。コーナーの進入において、よりスイートで精密な感触を与えてくれる。もてぎでの使用を計画する大きなブレーキディスクも試した。70ラップを周回して、全体的にグッドなフィードバックを得た。近い将来に有効となることを期待する」と、確かな手応えを得てテストを締め括った。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising