アンブロージョ・レーシングが2度目のテストで1桁台に進出

Tuesday, 26 February 2013

ホンダエンジンを搭載したシューター製の車体を唯一使用するアンブロージョ・レーシングのウェッブとブンダーがウェットで1・2番手に進出。ドライでも1桁位台に進出するパフォーマンスを見せた。

ワールドワイドレースが母体のアンブロージョ・レーシングは、バレンシアとヘレスで開催された2度のオフィシャルテストに参加。ブラッド・ビンダーとダニー・ウェッブが総合7番手と9番手に進出した。

昨年11月11日に当チームからの参戦が決定した南アフリカ出身のビンダーは、同月18日にはテストを兼ねてスペイン選手権の最終戦バレンシア・ラウンドにスポット参戦すると、カレックス-KTMからシューター-ホンダに乗り換えて、2番グリッドから優勝。

2012年型マシンを使用したリカルド・トルモ・サーキットでの今年初テストでは、トップから1.429秒差の総合13番手。ヘレス・サーキットでは、ウェットコンディションとなった初日に2番手に進出すると、ドライコンディションに恵まれた2日目は、1.514秒差の7番手だった。

昨年9月16日に契約を結んだ英国出身のウェッブは、今年初テストでシューター-ホンダを初走行。1.866秒差の総合20番手だったが、2度目のテストでは、初日2度目のセッションから1番時計を2連発。2日目には、1.671秒差の9番手だった。

チーム代表のフィオレンソ・カポネーラは、「ダニーとブラッドは、ウェットで大変速かったです。ドライでも上位に進出しました。2012年型マシンを使用したことを考慮すれば、これは大変意味があります。悪天候により、予定していた新しいパーツを使用することができなかったことから、2013年型フレームの開発に向けて、アルメリア・サーキットで3月5日と6日にプライベートテストを実施します」と、テストの評価と今後の予定を説明した。

B.ビンダー
1日目: 1分57秒351 (46ラップ)
2日目: 1分48秒319 (58ラップ)

D.ウェッブ
1日目: 1分56秒924 (46ラップ)
2日目: 1分48秒476 (39ラップ)

テストベストラップ: 1分46秒805
サーキットベストラップ: 1分49秒760

Moto3 Jerez Test 2013

TAGS 2013

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising