アンブロージョ・レーシング、ビンダーと延長契約/アマトを後半戦に起用

Monday, 26 August 2013

アンブロージョ・レーシングは、今季前半戦で好走を見せたビンターと延長契約を締結。夏休み期間中に解雇したウェッブの後任に、スペイン選手権で活躍するアマトを後任に指名した。

アンブロージョ・レーシングのブラッド・ビンダーは、第11戦チェコGPの決勝レースで、20番グリッドから他車と接触して転倒リタイヤを喫すれば、ルカ・アマトは最後尾の30位で完走した。

フル参戦2年目の南アフリカ人ライダー、ビンダーは決勝レース前に、2015年のMoto2クラス昇格をオプションに加えた2014年の1年契約を結び、7列目からスタートを切ると、13人による15位争いを展開。12ラップ目の8コーナーでロレンソ・バルダッサッリと接触して、今季5度目の転倒を喫した。

「来年もこのチームで一緒に働けることが嬉しい。とても良い関係があり、何一つ問題がない。問題はエンジン。来年はトップ5入りが争えるはずだ。レースに関しては、ストレートで5人を抜き、コーナーで4人を抜き返す展開だった。僕の前を走るバイクに問題があり、僕たちはぶつかって、転んでしまった」と、振り返った。

16日にダニー・ウェッブの解雇を発表した後、18日にスペイン選手権に参戦する17歳のドイツ人ライダー、アマトの起用を発表。

昨年アスパル・チームから終盤5戦に参戦。今年は2年目の同選手権第3戦でFTRからマヒンドラに乗り換えていたが、週末はシューターを使用。最後尾の35番グリッドから、フリー走行3の転倒で強打した右足の激痛とオイル漏れに苦しみながら完走を果たした。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising