A.イアンノーネ、ラグナセカ初挑戦は来年に持ち越し

Wednesday, 17 July 2013

右肩脱臼により、前戦ドイツGPを欠場したイアンノーネだったが、精密検査の結果、右上腕頭部の骨折と溢血、血腫を確認。最低2週間の絶対安静が必要となったことから、今週末の第9戦アメリカGPを欠場することになった。

エナジー・T.I.プラマック・レーシングは16日、前戦ドイツGPで右肩を脱臼したアンドレア・イアンノーネが今週末にマツダ・レースウェイ・ラグナセカで開催される第9戦アメリカGPを欠場することを発表。負傷代役の起用を検討する。

フリー走行4で今季7度目の転倒を喫した際に右肩を脱臼。決勝レースを欠場した後、イタリア国内でCTスキャンのよる精密検査を受けた結果、激痛の原因が右上腕頭部の骨折と溢血(いっけつ)、血腫(けっしゅ)であることを確認。靭帯及び腱に損傷がないことを確認した。

今後は自然に治すために、最低でも2週間の絶対安静が必要となり、4週間後の第10戦インディアナポリスGPでの復帰を目指すことになった。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising