プライベートテスト:S.ブラドルが2014年型プロトタイプマシンをシェイクダウン

Aragon Day 1: Heavy rain as 2014 Honda debuts
Tuesday, 18 June 2013

HRCが2014年型のプロトタイプマシンを準備。初日は朝からの雨により、ペドロサとマルケスは走行を控えたが、ブラドルがウェットコンディションの中でシェイクダウンを行った。2日目にはヤマハとスズキが合流する。

ホンダ勢のプライベートテスト1日目は18日、第14戦アラゴンGPの開催地、モーターランド・アラゴンで行われ、HRCが2014年型のプロトタイプマシンを初披露。ステファン・ブラドルがシェイクダウンを行った。

ホンダのファクトリーチーム、レプソル・ホンダのダニ・ペドロサとマルク・マルケス、サテライトチーム、ゴー&ファン・ホンダ・グレシーニのアルバロ・バウティスタ、LCR・ホンダのブラドルが当地に集結。

朝から細かい雨が降り、16時からは雨足が激しくなったことから、第6戦カタルーニャGPで表彰台を獲得したペドロサとマルケスは、予定されていた2014年型のシェイクダウンを見送ったが、チーム・テクニカル・ディレクターの横山健男が当地に駆けつけた報道陣の前にシャーシとエンジンが新しくなった開発中のマシンを紹介した。

ホンダ勢で唯一オフィシャルテストに参加したブラドルは、ウェットコンディションの中で2014年型と2013年型で合計15ラップを周回すれば、2戦連続して1ラップ目に転倒リタイヤを喫したバウティスタは、気持ちを切り替えて、12ラップを周回した。

明日19日からは、ヤマハ・ファクトリーレーシング・チームのホルヘ・ロレンソとバレンティーノ・ロッシ、スズキのテストライダーに指名されたランディ・ド・プニエと青木宣篤が合流。当地で2日間のプライベートテストを開始する。

TAGS 2013 MotorLand Aragon

ビデオ:

See all videos for this event

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising