BMW・M・アワードでも新人マルケスが首位

Tuesday, 6 August 2013

BMW・M6クーペが副賞として贈呈される『BMW・M・アワード』は、前半戦が終了して、新人マルケスが首位を快走。ランク2位のクラッチローに13ポイント差のアドバンテージを広げ、タイトルホルダーのロレンソは、24ポイント差の4位に位置する。

年間の予選最速者を決定する『BMW・M・アワード』は、第9戦アメリカGPを終え、マルク・マルケスがランク1位に進出。カル・クラッチロー、ダニ・ペドロサ、ホルヘ・ロレンソ、ステファン・ブラドルが続いている。

最高峰クラスに初挑戦するマルケスは、第2戦アメリカズGPで史上最年少となるポールポジションを奪取すると、第8戦ドイツGPで首位に初浮上。前戦ではシーズン最多となる6度目の1列目に進出した。

同時に、年間の最多ポールポジションを争う『ティソ・ポール・トゥ・ポールズ』でも、3度のポールポジションを獲得して、ランク1位に位置する。

昨季2度目のタイトル獲得に成功したロレンソは、開幕戦カタールGPでポールポジションを獲得してから、6戦連続して1列目に進出。ランク1位を快走していたが、第7戦TTアッセンの転倒が影響して、24ポイント差のランク4位に後退した。

BMW・M・アワード受賞者
2012年: J.ロレンソ (ヤマハ)
2011年: C.ストーナー (ホンダ)
2010年: J.ロレンソ (ヤマハ)
2009年: V.ロッシ (ヤマハ)
2008年: C.ストーナー (ドゥカティ)
2007年: C.ストーナー (ドゥカティ)
2006年: N.ヘイデン (ホンダ)
2005年: S.ジベルナウ (ホンダ)
2004年: V.ロッシ (ヤマハ)
2003年: V.ロッシ (ホンダ)

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising