ドゥカティがレディングの起用に関心

Friday, 21 June 2013

マーク・VDS・レーシングのチームマネージャーで、レディングのパーソナルマネージャーを務めるバルトメリーは、ドゥカティが中量級のポイントリーダーの起用に高い関心があることを説明した。

マーク・VDS・レーシングのチームマネージャー、ミシェル・バルトメリーは20日、複数のメディアで報じられているポイントリーダー、スコット・レディングの来季就任に関して、ドゥカティが関心を示していることを肯定した。

「ドゥカティのパオロ・シアバッティ(プロジェクトリーダー)、ベルンハルト・ゴブマイヤー(ジェネラルマネージャー)、ビトリアーノ・グアレスキ(チームマネージャー)がスコットに高い関心があることを認識しています。ホンダのリビオ・スッポ(チーム代表)とは長く話しをしていませんが、彼は私の電話番号を持っています。」

「最初の提示は、机の上にあります。2度目の提示を待っているところで、今週末に届かなければいけません。全ての詳細を確認し、検証するまでは何とも言えません」と、交渉状況を説明。

ベルギーチームの最高峰クラス初参戦に関しては、可能性があることを認めた上で、レディングとチームオーナーであるマーク・バン・デル・ストラーテンの決断が左右することを明かした。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising